愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ
2013年 09月 01日

最高の感動をありがとう!さようなら愛しのサラブレッド、トウカイテイオー逝く

 約3ヵ月半振りの投稿になります。ご無沙汰しております、管理人のプレクラスニーです。
 まずは、ブログ休止中に沢山の方々から、あたたかいお見舞いのお言葉を頂き、本当にありがとうございました。心から感謝申し上げます。
 倒れた家族は、幸いにも一命を取りとめました。けれども、いまだ入院中で日々懸命にリハビリに努めています。だから退院するまでブログの更新は休止するつもりでいました。

 しかし、去る2013年8月30日、自分が競馬を始めてから最も大好きだった名馬トウカイテイオーが繋養中の社台スタリオンステーションで急性心不全のため亡くなりました。
 最高の思い出の名馬の死を悼み、今日は特別に追悼記事を掲載します。


 トウカイテイオーは、1988年4月20日、新冠町・長浜牧場で誕生しました。父は日本競馬史上初の無敗の三冠馬で史上最強の皇帝と称えられたシンボリルドルフ、母は姉にオークス馬トウカイローマンをもつトウカイナチュラルという良血馬。幼少時、牧場で1m30㎝もある牧柵を無傷で飛び越えたという逸話があって、デビュー前から並はずれた能力の片りんを見せていたそうです。

 栗東・松元省一厩舎に入厩したテイオーは1990年12月中京芝1800m戦でデビュー。安田隆行騎手鞍上で見事1番人気に応えて優勝すると、続くシクラメンS(OP)、若駒S(OP)、若葉S(OP)も勝ち一躍1991年牡馬クラシック路線の主役となりました。 
 牡馬クラシック第1弾・皐月賞(GI)は重賞初挑戦ながら1番人気に応え優勝。なお、2着は父シンボリルドルフのライバルだった三冠馬ミスターシービーの息子シャコーグレイドという血のドラマを強く感じさせる結果でした。
 クラシック第2弾・日本ダービー(GI)は、約18万の大観衆が見つめる中、圧倒的1番人気に応え2着レオダーバン(後の菊花賞馬)に3馬身差をつけて圧勝、父に並ぶ親仔2代の無敗の二冠馬(これは現在でも日本競馬史上唯一の記録)に輝きました。

b0015386_137739.jpg

日本ダービーのパドック写真(撮影日1991年5月26日)です。弾むような後肢の力強い踏み込みは彼特有のもので目を見張るものがありました。

 ここまでのトウカイテイオーは、完璧だった父シンボリルドルフの再来というべき、エリート的な強さが印象に残っています。しかし、ダービー制覇の栄光から3日後に骨折が判明、父に続く無敗の三冠が夢と消えると、以降は、挫折と栄光を繰り返し、競馬ファンの心を大いに揺さぶらせる、ドラマチックな戦いを続けていくことになります。

 11カ月振りのレースとなった1992年大阪杯(GII)で、鞍上に父シンボリルドルフのパートナーだった岡部幸雄騎手を迎えたトウカイテイオーは、鞭を使うことなく完勝し、デビュー7連勝を飾りましたが、天皇賞(春)はパドックでイレ込んで、直線失速しメジロマックイーンの5着と初の敗戦。レース中に発症したかは不明ですが2週間後骨折が判明しました。
 骨折は軽症でしたが、ぶっつけで挑んだ天皇賞(秋)はハイペースに巻き込まれたこともあって末脚をなくし7着、もう強いテイオーは戻ってこないのか、挫折が続きます。
 でも、トウカイテイオーは終わっていませんでした。続くジャパンC(GI)は、この年から国際GIに認定され、史上最高の豪華メンバー(欧州年度代表馬ユーザーフレンドリー、イギリスダービー馬ドクターデヴィアス、クエストフォーフェイム、アーリントンミリオンS馬ディアドクター、オーストラリアAJCダービー馬ナチュラリズム、メルボルンC馬レッツイロープが出走)が相手だったにも関わらず、見事勝利したのでした。日本馬のジャパンC優勝は父シンボリルドルフ以来、7年振り3頭目の快挙、普段冷静な岡部騎手が珍しくゴール後ガッツポーズ、場内は岡部コールに包まれ、感動のレースとなりました。

 しかし、天は再び彼に試練を与えます。1992年を締めくくる有馬記念(GI)は、岡部騎手が騎乗停止となり、急遽鞍上に田原成貴騎手を迎えて1番人気で出走したものの、激闘の疲れか良いところなく11着に大敗。その後、筋肉痛と調教中に3度目の骨折を発症、なんと1年もの休養を余儀なくされたのでした。
 1年振りの復帰戦は、再びの有馬記念。1年のブランクでGIを勝った馬は皆無、勝てるわけがない、、、それが競馬の常識でした。

 ところが、1年ぶりに見たパドックのテイオーは、落着きを取り戻し、あのダービーで見た時のような弾むようなフットワークがよみがえっていました。

b0015386_1373425.jpg

有馬記念(撮影日1993年12月26日)のパドック写真。この姿を見て、テイオーの単複馬券を買うことを決断しました。

 そして、テイオーは常識外れの底力を見せレースに勝ちました。最後の直線・坂下で1番人気のビワハヤヒデに並びかけた時、僕は「テイオー!テイオー!」と絶叫していました。あの日のジャパンCと同じように、いやそれ以上の声をあげて。その期待に応えるようにゴール前で先頭に立ってゴールした時、目から涙があふれ、しばらく止まりませんでした。

 こんなに取り乱したのはオグリキャップの有馬記念でもなかったことで、本当に心から感動しました。テイオーはこのレースの後も現役を続ける予定でしたが、翌年4月に4度目の骨折を発症したため、結果的にこの有馬記念が最後のレースとなりました。
 この驚天動地のファイナル・ウインは一生忘れらないレースとして、いつまでも僕の心の中に残ることでしょう。

 なお、引退後のトウカイテイオーは種牡馬として、ヤマニンシュクル、トウカイポイント、ストロングブラッドの3頭のGIホースを輩出、一定の活躍を見せてくれましたが、残念ながら後継種牡馬は不在となっています。
 皇帝、帝王と続いた父系が途絶えるのは本当に悲しいですが、いつか母の父からテイオーの血がよみがえることを祈るだけです。そう、現在オルフェーヴル、ゴールドシップで脚光を浴びている同じパーソロン系のメジロマックイーンのように!

 最後に牧場見学(撮影日2005年8月22日、社台スタリオンステーション)で会った時のトウカイテイオー君の写真をいつもより大きめの写真で掲載します。どうか安らかに眠ってください。心からご冥福をお祈りします。

b0015386_138638.jpg

落ち着いてゆったりと登場

b0015386_1383243.jpg

堂々とポーズをとるテイオー。真っ直ぐな流星が綺麗、本当にグッドルッキングホースです^^

b0015386_1385362.jpg

テイオー、たくさんの感動を本当にありがとう!大好きでした、いつまでも忘れないよ!


トウカイテイオー
父シンボリルドルフ 母トウカイナチュラル(母の父ナイスダンサー)
1988年4月20日生 牡25 新冠・長浜牧場生産 栗東・松元省一厩舎
(通算成績)12戦9勝
(重賞勝利)1991年日本ダービー(GI)、皐月賞(GI)、1992年ジャパンC(GI)、1993年有馬記念(GI)、1992年大阪杯(GII)
(主な産駒)ヤマニンシュクル(阪神JF)、トウカイポイント(マイルCS)、ストロングブラッド(かしわ記念)
[PR]

by Yuuichiro_K | 2013-09-01 01:39 | 天国に旅立った名馬 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://prekrasnie.exblog.jp/tb/20926997
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by urasimaru at 2013-09-01 13:41
ほんとにきれいな馬でしたね。
苦しまないで天国にいけたかな…。

ご家族のサポート、良い方向にいきますようにお祈りしています。
Commented by Yuuichiro_K at 2013-09-01 22:09
☆urasimaruさん
いつもコメント、ありがとうございます。おっしゃるとおりトウカイテイオーは、美しく格好いい馬でした。
また、励ましのメッセージ、心から感謝申し上げます。
Commented by canlubang at 2013-09-07 19:13
パドックで弾むようなステップ・・
記憶に残ります。

良いショット ありがとう!

Commented by Yuuichiro_K at 2013-09-07 21:56
☆canlubangさん
はじめまして、このたびはご訪問&コメントいただきありがとうございました。
canlubangさんのブログを拝見しましたが、テイオーはリアルタイムで見ていたんですね^^テイオーの現役を知らない競馬仲間も増えてきて時の流れの早さを感じております。また、武豊騎手は今年輝きを取り戻したような活躍、良かったですね!


<< 第47回スプリンターズS(GI)予想      更新の一時中断について >>