愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ
2017年 10月 22日

第78回菊花賞(GI)予想

明日は、京都競馬場で牡馬クラシックの最終決戦・菊花賞(GI)が行われます。今日も各種データで予想します。

1 好走データ
(1)同年に古馬混合1000万クラス以上の芝2200m以上で3着以内
   ポポカテペトル、マイネルヴンシュ
(2)同年にオープンクラスの芝2200m以上で連対(オープン特別なら1着)
   アルアイン、キセキ、クリンチャー、サトノクロニクル、ベストアプローチ、ミッキースワロー
(3)神戸新聞杯で3着以内
   キセキ、サトノアーサー
(4)過去に古馬混合1000万クラス以上の芝1800m以上で1着
   キセキ、クリノヤマトノオー、トリコロールブルー、ポポカテペトル、マイネルヴンシュ
(5)過去にオープンクラスの京都芝1600m以上で連対
   アダムバローズ、クリノヤマトノオー、サトノアーサー、サトノクロニクル、プラチナヴォイス

2 消しデータ
(1)芝1勝以下かつ芝連対率5割未満(ただし、前3走内に2400m以上の芝のオープン・重賞戦連対歴ある馬除く)
   ダンビュライト
(2)右回りの芝1勝以下の馬のうち、前2走とも3着以下かつ0.4秒以上敗退にもかかわらず今回斤量増
   ダンビュライト、ベストアプローチ
(3)1勝馬
   ダンビュライト、ベストアプローチ
(4)芝8戦以上消化馬のうち、前走芝の条件戦で敗退又は1着も1馬身未満辛勝馬(ただし、前走京都芝3着内好走馬を除く)
   マイネルヴンシュ
(5)前走条件戦使用馬のうち、斤量3キロ以上増加の馬(ただし、前走2400m戦連対馬又は前走4馬身差以上圧勝馬除く)
   クリノヤマトノオー、トリコロールブルー、ポポカテペトル
(6)前2走内に500万下、未勝利戦を使用し、3馬身差以上の圧勝がない馬
   クリノヤマトノオー
(7)前2走とも10着以下
   アダムバローズ
(8)2400m以上で連対歴がない馬のうち、2走前2200m以下非重賞戦敗退、前走2200m以下戦敗退馬
   スティッフェリオ
(9)前2走とも2000m未満戦使用馬
   クリノヤマトノオー、ブレスジャーニー
(10)8月以降2戦以上消化し、前走体重8キロ以上増減で敗退(ただし、2600m以上の長距離戦連対馬又は日本ダービー連対馬除く)
   キセキ
(11)前3走とも敗退の2000m以上戦未勝利馬のうち、3走内に芝(良・稍重)で10着以下(対古馬GI戦除く)かつ1.5秒以上大敗歴がある馬
   マイスタイル

3 スピード指数上位馬
(1)アルアイン
(2)ダンビュライト
(3)クリンチャー
(4)プラチナヴォイス
(5)ベストアプローチ
(6)クリノヤマトノオー
(7)ポポカテペトル

☆菊花賞予想
◎クリンチャー
○ウインガニオン
▲アルアイン
△サトノアーサー
△サトノクロニクル
△プラチナヴォイス
△ミッキースワロー

消しデータで残ったのは、アルアイン、ウインガニオン、クリンチャー、サトノアーサー、サトノクロニクル、プラチナヴォイス、ミッキースワローのわずか7頭。この中から本命は、不良馬場を想定、前で粘れそうな馬を重視し、皐月賞を先行して4着に粘った走りが忘れらないクリンチャーとしました。相手筆頭は、古馬相手の新潟記念(GIII)で0.1秒差に健闘した京都長距離戦得意のステイゴールド産駒ウインガニオン。単穴に実績最上位の皐月賞馬アルアイン。以下、印の馬をおさえます。

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-10-22 00:15 | データ予想 | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 21日

富士Sはエアスピネルが不良馬場をものともせず完勝で重賞3勝目を飾る

今日、降り続く雨の中、東京競馬場で行われたマイルCS(GI)の前哨戦・富士S(GIII、3歳上・芝1600m)は、武豊騎手騎乗の1番人気エアスピネルが、好位追走から直線早めに抜け出し、中団から脚を伸ばした4番人気イスラボニータに2馬身差をつけて優勝しました。

b0015386_22285153.jpg
不良馬場をものともせず、直線外から伸びたエアスピネルが危なげない競馬で完勝となりました。

☆富士S結果
1着▲エアスピネル    (武 豊) 1'34'8(不)
2着△イスラボニータ  (C.ルメール) 2
3着 クルーガー    (内 田) 1/2
4着 レッドアンシェル (福 永) 1 1/4
5着○ペルシアンナイト  (M.デムーロ)1 1/2

パドックの個人的な評価は以下の通り(A良い B普通 C平凡)

1 サトノアレス    B
  普通
2 レッドアンシェル  B
  普通
3 ブラックムーン   B
  普通
4 ガリバルディ    B
  普通、時折小走り
5 ペルシアンナイト  B+
  落ち着いて伸びやかな歩様
6 エアスピネル    B+
  2人引き、落ち着いて力強い歩様
7 マイネルアウラート B
  普通
8 ロードクエスト   B
  2人引き、普通
9 ジョーストリクトリ B
  普通
10 クラリティシチー  B  
  普通
11 グランシルク    B+
  2人引き、力強い歩様
12 ミュゼエイリアン  B
  普通、時折小走り
13 クルーガー     B
  普通
14 ダイワリベラル   B
  普通
15 イスラボニータ   B+
  落ち着いて伸びやかな歩様

今年の富士Sは、エアスピネル、ペルシアンナイト、グランシルク、イスラボニータの4頭が単勝5倍以下の人気を集め、オッズ的には4強対決となっていました。レースは4強の明暗が分かれる結果となり、エアスピネルが1番人気の期待に応え完勝となりました。

エアスピネルのパドックは、いつも良く見せる馬ですが、今日も2人引きでも落ち着いて力強い歩様で周回していました。レースは、レッドアンシェルが1000m通過59.8秒と不良馬場にしては平均~やや早いペースで逃げる展開となりましたが、3番手を楽な手応えで追走。4コーナーで早めに2番手に上がり直線外に持ち出すと、上がり35.0秒の末脚を繰り出し後続を突き放しての完勝となりました。雨の中行われたデイリー杯2歳S(GII)を3馬身半差で圧勝したように、やはり相当な道悪巧者だったようです。この後はマイルCS(GI)に向かうと思いますが、馬場が悪くなればチャンス十分だと思います。

イスラボニータは、昨年に続き4番人気で2着に好走。パドックは休み明けでしたが、昨年より気合い乗り・動きも共に良く見えました。それでも不良馬場で他馬より重い58キロで正直馬券は買えなかったのですが、中団追走からエアスピネルを上回る上がり34.9秒の末脚を繰り出してきっちり2着を確保したのは流石でした。6歳秋になっても衰えは感じさせず、こちらも本番が楽しみなる走りでした。

イスラボニータ
父フジキセキ 母イスラコジーン(母の父Cozzene)
2011年5月21日生 牡6 美浦・栗田博憲厩舎
23戦7勝(2017年10月21日現在)
b0015386_22284273.jpg

3着は、11番人気の伏兵クルーガーが大健闘。パドックは特に目立つ感じはありませんでしたが、半年ぶりでも普通に落ち着いて周回していました。レースは、後方3番手からメンバー中最速の上がり34.6秒の末脚で猛然と追い込んで穴を開けました。昨年のマイラーズC(GII)優勝以降、今日を含めてまだ2戦しか出走していないように、順調さを欠きながらも良く頑張りました。

クルーガー
父キングカメハメハ 母アディクティド(母の父Dixtat)
2012年4月26日生 牡5 栗東・高野友和厩舎
13戦5勝(2017年10月21日現在)
b0015386_22283416.jpg

なお、2番人気のペルシアンナイトは5着、3番人気のグランシルクは9着と凡走。共にパドックは上々の気配に見えたのですが、ペルシアンナイトはレース後の騎手コメントによれば馬場が合わなかったとのこと。グランシルクも不良馬場が応えたのかもしれませんが、こちらは夏競馬も休みなく使われていましたし、疲れが出たのかもしれません。いずれも人気を裏切ったのは残念でした。

それでは、最後に見事優勝したエアスピネル君を掲載します。
b0015386_22282517.jpg
パドックは、2人引きでも落ち着いて力強い歩様を見せ、相変わらず良く見せていました。

b0015386_22281378.jpg
鞍上の武豊騎手は、2003年ミレミアムバイオ、2004年アドマイヤマックス以来、13年振り3度目の制覇。レース後のインタビューでは「完勝でした。スタートも道中もスムーズに行けましたし、道悪も苦にしませんでした。色々な距離で走れますが、やはりマイルが安定しています。次に向けて良いレースが出来ました。」とコメントしていました。
b0015386_22280531.jpg
近走もどかしい競馬が続いていましたが、これが良いきっかけになるといいですね。悲願のGI制覇に向けて、上々の秋初戦となりました。今日はマイル重賞3勝目おめでとうございました!

エアスピネル
父キングカメハメハ 母エアスピネル(母の父サンデーサイレンス)
2013年2月10日生 牡4 栗毛 千歳・社台ファーム生産 栗東・笹田和秀厩舎
14戦4勝(2017年10月21日現在)
(重賞勝利)2015年デイリー杯2歳S(GII)、2017年富士S(GIII)、京都金杯(GIII)

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-10-21 22:34 | 17年GII・GIII優勝馬写真 | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 21日

第20回富士S(GIII)予想

今日は、東京競馬場でマイルCS(GI)の重要ステップレース・富士S(GIII)が行われます。今週も各種データで予想します。

1 好走データ
(1)単勝6番人気以内の3~5歳馬(オッズは21日8時現在)
   エアスピネル、グランシルク、サトノアレス、ペルシアンナイト、ロードクエスト
(2)3走前までに芝1800m以上のレースで4着以下に敗れていた3~5歳馬
   エアスピネル、クルーガー、サトノアレス、ジョーストリクトリ、ペルシアンナイト、ミュゼエイリアン

2 消しデータ
(1)4着以下が20回以上ある6歳以上(ただし、前走オープン戦1着又は重賞戦3着以内好走馬除く)
   マイネルアウラート
(2)東京芝5戦以上連対1回以下又は10戦以上連対2回以下(ただし、前3走内に東京芝の重賞3着以内又はオープン戦連対又は条件戦1着歴ある馬除く)
   ジョーストリクトリ、ダイワリベラル
(3)左回り5戦以上連対なし又は10戦以上連対2回以下
   ダイワリベラル、ミュゼエイリアン
(4)前2走ともGII以下の左回り芝敗退の馬(ただし、3走前に左回り芝1着の馬除く)
   ブラックムーン、ロードクエスト
(5)前4走内に東京芝のGII以下戦で3着以下敗退が2回以上ある馬
   ロードクエスト
(6)左回り6戦以上0勝かつ連対が1回以下
   ダイワリベラル
(7)前走2200m以下の芝で1.5秒以上の大敗馬
   クラリティシチー、マイネルアウラート
(8)前走9月以降の芝の1600m戦で10着以下の大敗馬
   マイネルアウラート
(9)前3走ともGIII以下戦・5番人気以下かつ5着以下
   ダイワリベラル、ミュゼエイリアン

3 スピード指数上位馬
(1)ブラックムーン
(2)エアスピネル
(3)イスラボニータ
(4)ペルシアンナイト
(5)グランシルク

☆富士S予想
◎グランシルク
○ペルシアンナイト
▲エアスピネル
△イスラボニータ

本命は今年完全に本格化、前走京成杯AH(GIII)を快勝したサマーマイルシリーズ王者グランシルクとしました。重賞2連勝を期待します。相手筆頭は、今年の皐月賞(GI)2着、重馬場のシンザン記念でも2着の実績があるペルシアンナイト。単穴に惜敗続きが続くもマイル戦は安定して走るエアスピネル。おさえに重賞5勝と実績断然の皐月賞馬イスラボニータまで。

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-10-21 11:24 | レース回顧 | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 20日

コンテントメント(17’安田記念10)

今日は、安田記念(GI)10着馬・香港のコンテントメント君を掲載します。

コンテントメントContentment
父Hussonet 母Jemison(母の父Commands)
2010年9月20日生 騸7 香港・J.サイズ厩舎
31戦10勝(2017年10月20日現在)
b0015386_18223166.jpg
2年連続の安田記念挑戦でしたが、レースは好位3番手追走も直線一杯になり昨年(12着)に続き完敗でした。

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-10-20 18:23 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 19日

クラレント(17’安田記念9)

今日は、安田記念(GI)9着馬・クラレント君を掲載します。

クラレント
父ダンスインザダーク 母エリモピクシー(母の父ダンシングブレーヴ)
2009年3月2日生 牡8 栗東・橋口慎介厩舎
(通算成績)41戦7勝
b0015386_18160202.jpg
レースは好位3・4番手追走の積極策も直線は伸びを欠きました。なお、この安田記念がラストランとなり、現在は千葉県で乗馬となりました。2歳時にデイリー杯2歳S(GII)を制し、8歳になった今年も京王杯スプリングC(GII)で2着になるなど、息の長い活躍を見せてくれました。長い現役生活本当にお疲れさまでした!


[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-10-19 18:18 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 18日

イスラボニータ(17’安田記念8)

今日は、安田記念(GI)8着馬・イスラボニータ君を掲載します。

イスラボニータ
父フジキセキ 母イスラコジーン(母の父Cozzene)
2011年5月21日生 牡6 美浦・栗田博憲厩舎
22戦7勝(2017年10月18日現在)
b0015386_18273743.jpg
パドックは落ち着いて動きも良く気配は上々に見えましたが、レースは7番手追走も直線で進路が無くそのままなだれ込むだけに終わり、1番人気の期待に応えられなかったのは残念でした。なお、今週の富士S(GIII)に出走予定で同じ舞台で借りを返せるか注目です。

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-10-18 18:29 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 17日

ステファノス(17’安田記念7)

今日は、安田記念(GI)7着馬・ステファノス君を掲載します。

ステファノス
父ディープインパクト 母ココシュニック(母の父クロフネ)
2011年2月13日生 牡6 栗東・藤原英昭厩舎
24戦4勝(2017年10月17日現在)
b0015386_21010461.jpg

パドックはいつも良く見せる馬ですが、この日の印象は普通。レースは中団追走も伸び一息、4番人気の期待に応えられませんでした。

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-10-17 21:02 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 16日

第22回秋華賞予想結果分析

レース予想、パドック評価は10月15日の記事をご覧下さい。

☆レース結果
1着△ディアドラ
2着○リスグラシュー
3着▲モズカッチャン
4着△ラビットラン
5着△カワキタエンカ
6着 ブラックオニキス
7着◎アエロリット
8着△ミリッサ
9着 ポールヴァンドル
10着 リカビトス
11着 ヴゼットジョリー
12着 ブラックスビーチ
13着△ファンディーナ
14着 レーヌミノル
15着 ハローユニコーン
16着 メイショウオワラ
17着 タガノヴェローナ
18着 カリビアンゴールド

馬券
モズカッチャンの単勝(外れ)、複勝(2.7倍的中)
リスグラシューの複勝(1.9倍的中)
馬連8頭ボックス(カリビアンゴールド、ディアドラ、ファンディーナ、ポールヴァンドル、ミリッサ、メイショウオワラ、モズカッチャン、リスグラシュー)(28点、15.1倍的中)

パドック評価
B+評価のディアドラ、リスグラシュー、モズカッチャンが上位に好走するも他の5頭は5着以下。

好走データ
該当多数とはいえ、1~3着馬を推奨できた。

消しデータ
ディアドラが、「前走紫苑S出走馬のうち、2走前に1800m以上の芝オープンクラス5着内又は条件戦2馬身以上1着好走歴がない馬」の消しデータを覆し、見事優勝。
モズカッチャンが、「前走GIIローズS6着以下かつ0.6秒以上敗退の右回りの芝2勝以下の馬(ただし、前4走内に1800m以上の右回り芝の重賞戦3着内(0.2秒差内)好走馬除く)」の消しデータを覆し、3着好走。
なお、2番人気ファンディーナを消せたのは素晴らしかった。

スピード指数
6位のリスグラシューが2着、5位のモズカッチャンが3着も、優勝馬ディアドラは推奨できず。

感想
ディアドラとモズカッチャンは、消しデータ該当していましたが、ディアドラの前走の着差以上の強さ、モズカッチャンの父ハービンジャー産駒の馬場適正を重視して印を打てたことが的中に繋がりました。
重馬場発表を聞いて、アエロリットとラビットランを消し、ハービンジャー産駒のモズカッチャンに本命を切り替えて複勝的中、リスグラシューも頭はなくても複勝は堅いと見て購入し、上手くいきました。
しかし、馬連は予想で無印だったカリビアンゴールド、ポールヴァンドル、メイショウオワラに手を出して、結局トリガミ、、、大反省。

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-10-16 21:19 | データ予想結果分析 | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 16日

第65回府中牝馬S予想結果分析

レース予想、パドック評価は10月14日の記事をご覧下さい。

☆レース結果
1着○クロコスミア
2着△ヴィブロス
3着△アドマイヤリード
4着▲クイーンズリング
5着 トーセンビクトリー
6着◎キンショーユキヒメ
7着 ハッピーユニバンス
8着△デンコウアンジュ
9着 ゲッカコウ
10着 ワンブレスアウェイ
11着 アスカビレン
12着 クインズミラーグロ
13着 ロッカフラベイビー
14着 バンゴール

馬券
ヴィブロスの単勝(外れ)、複勝(1.5倍的中)

パドック評価
唯一のB+評価ヴィブロスが2着好走。

好走データ
アスカビレン11着、クイーンズリング4着ではずれ。

消しデータ
該当馬は全て9着以下、完全的中。

スピード指数
1位のクロコスミアが1着、3位のヴィブロスが2着、6位のアドマイヤリードが3着と指数上位馬が好走。

感想
重馬場とみての事前予想でしたが、稍重馬場ですんだこと、パドックで本命にしていたキンショーユキヒメよりも遙かにヴィブロスの気配が良かったことから、予想の段階でおさえの評価だったヴィブロスの単複勝負に切り替えて馬券は一応プラスになりました。
それにしても、対抗評価していたとはいえクロコスミアとヴィブロスとの組み合わせが馬連21.9倍もつくとは。。。少しでも買っておけばよかった。

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-10-16 20:51 | データ予想結果分析 | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 15日

秋華賞は、ディアドラが3連勝でハービンジャー産駒GI初制覇を飾る

今日、京都競馬場で行われた3歳牝馬三冠レースの最終戦・秋華賞(GI、3歳牝・芝2000m)は、C.ルメール騎手騎乗の3番人気ディアドラが後方追走から直線外鋭く伸び、中団から伸びた4番人気リスグラシューに1 1/4馬身差をつけて優勝しました。

☆秋華賞結果
1着△ディアドラ    (C.ルメール) 2'00'2(重)
2着○リスグラシュー  (武 豊) 1 1/4
3着▲モズカッチャン  (M.デムーロ)ハナ
4着△ラビットラン   (和 田) 3
5着△カワキタエンカ  (北村友) クビ

パドックの個人的な評価は以下のとおり(A良い、B普通、C平凡)

1 アエロリット    B
  2人引き、普通
2 ラビットラン    B
  普通
3 ブラックオニキス  B
  2人引き、普通
4 モズカッチャン   B+
  オークスで見たときのような落ち着いて力強い歩様
5 ブラックスビーチ  B
  普通
6 メイショウオワラ  B+
  落ち着いて伸びやかな歩様
7 リスグラシュー   B+
  2人引き、オークスの時より落ち着いて力強い歩様
8 カワキタエンカ   B+
  落ち着いて力強い歩様
9 ハローユニコーン  B
  普通
10 タガノヴェローナ  B
  普通
11 ミリッサ      B
  2人引き、つる首、時折小走り
12 レーヌミノル    B
  普通
13 リカビトス     B
  2人引き、時折小走り
14 ディアドラ     B+
  落ち着いて力強い歩様
15 ヴゼットジョリー  B
  普通
16 ファンディーナ   B+
  いつになく落ち着いて周回
17 ポールヴァンドル  B+
  2人引き、落ち着いて力強い歩様
18 カリビアンゴールド B+
  落ち着いて力強い歩様

今年の秋華賞は、オークス馬ソウルスターリングが天皇賞路線に進むため回避。さらに前哨戦のローズS(GII)で春の実績馬が敗れたこともあり、単勝10倍以下の馬が6頭と人気が割れました。そんな混戦模様のレースを制したのは、トライアル紫苑S(GIII)の覇者・3番人気ディアドラでした。

ディアドラのパドックは、馬体重プラス14キロでも太め感なく、落ち着いて力強い歩様を見せていました。レースは、カワキタエンカが1000m通過59.1秒と重馬場にしては速いペースで逃げる展開となりましたが、ディアドラは後方4番手でじっくり脚をためると、4コーナーで馬群の内にもぐり込んで中団まで進出。直線はリスグラシューの外に進路を取って併せ馬の形で伸び、メンバー中最速の上がり35.7秒の末脚を繰り出して、リスグラシューとの叩き合いを制し、早めに抜け出したモズカッチャンを並ぶ間もなく交わし去ったのはお見事でした。鞍上のC.ルメール騎手もテン乗りとは思えぬ流石の手綱さばきを見せてくれました。
それにしてもディアドラは、春のオークス(GI)出走時9番人気(結果4着)と伏兵の1頭でしたが、夏を越して本当に成長しましたね。なお、父ハービンジャーは産駒初のGI制覇、橋田満厩舎も2007年高松宮記念(スズカフェニックス)以来となる10年振りのGIということで、人馬共におめでとうございました!

2着は4番人気のリスグラシュー。パドックはオークスの時のようなイレ込みもなく落ち着いて気配は良かったです。レースは中団から直線外から勝ち馬と並ぶように伸びてきました。これで3度目のGI2着と悔しい競馬が続いていますが、今日も堅実な末脚を見せてくれました。

3着は5番人気のモズカッチャンが健闘。パドックはオークスの時と同じように落ち着いて力強い歩様。レースは好位4番手追走から直線早め先頭の積極策。いったんは完全に抜け出す場面もありましたが、惜しくも上位2頭の末脚に屈しました。

なお、1番人気のアエロリットは2番手追走も直線伸びを欠き7着。クロフネ産駒は芝2000m以上で重賞勝ちがないように距離の壁があったかのもしれません。2番人気ファンディーナはパドックはいつになく落ち着きがあり注目していましたが、3番手追走も直線一杯になり13着に大敗。共に人気を裏切ったのは残念でした。

ディアドラ
父ハービンジャー 母ライツェント(母の父スペシャルウィーク)
2014年4月4日生 牝3 鹿毛 安平・ノーザンファーム生産 栗東・橋田満厩舎
14戦5勝(2017年10月15日現在)
(重賞勝利)2017年秋華賞(GI)、紫苑S(GIII)
b0015386_17435625.jpg

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-10-15 17:53 | レース回顧 | Trackback | Comments(0)