愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ
2017年 12月 16日

第69回朝日杯フューチュリティS(GI)予想

明日は、阪神競馬場で2歳牡馬マイル王決定戦・朝日杯フューチュリティS(GI)が行われます。今週も各種データで予想します。

1 好走データ
(1)東京芝1400~1800mの重賞で1着を含み連勝中
   タワーオブロンドン、ダノンプレミアム
(2)過去に芝1600m以上の重賞で1着
   ダノンプレミアム
(3)前走オープンクラスの芝1600m以上で1着
   ダノンプレミアム
(4)前走芝1400m以上の重賞で4着以内
   アサクサゲンキ、カシアス、ケイアイノーテック、ケイティクレバー、ステルヴィオ、タワーオブロンドン、ダノンプレミアム、フロンティア
(5)前走500万クラスの芝1400m以上で1着
   ヒシコスマー、ムスコローソ
(6)芝・ダートを問わず2連勝以上中
   タワーオブロンドン、ダノンスマッシュ、ダノンプレミアム

2 消しデータ
(1)前3走内(キャリア2戦も含む)に1800m未満の芝(良・稍重)のGIII以下戦で6着以下がある馬(ただし、前走重賞戦連対又は1600m以上のオープン戦1着馬除く)
   ダブルシャープ、ムスコローソ
(2)前走未勝利戦使用馬(ただし、1600m以上の芝で2・3着内の好走が2回以上ある馬除く)
   ライトオンキュー
(3)前2走1200m以下戦→1400m以上戦で前走0.4秒以上敗退馬
   アイアンクロー、アサクサゲンキ、イシマツ
(4)前3走内に1600m以下戦で4着以下が2回以上ある馬
   イシマツ
(5)前走ダート戦使用の芝未勝利馬(ただし、前走レコード勝ち又は条件戦5馬身以上圧勝馬除く)
   イシマツ
(6)4着以下がある芝未勝利馬
   イシマツ
(7)前2走とも非重賞戦敗退の芝1勝以下
   イシマツ、ケイティクレバー
(8)2ヵ月以上の休養馬のうち、前走1400m以下戦を使用して0.4秒以上楽勝できなかった馬や、芝(良、稍重)1600m戦敗退又は1着も1馬身未満辛勝馬又は芝(良・稍重)1800m敗退馬
   アイアンクロー、ステルヴィオ、ダブルシャープ、ファストアプローチ
(9)芝の1200m以上戦で0.4秒以上快勝歴がない2ヵ月以上休養馬
   アイアンクロー、ステルヴィオ、ダブルシャープ
(10)前走1.5秒以上敗退馬
   イシマツ

3 スピード指数上位馬
(1)ダノンプレミアム
(2)ステルヴィオ
(3)ダブルシャープ
(4)ヒシコスマー
(5)タワーオブロンドン
(6)カシアス

☆朝日杯フューチュリティS予想
◎ダノンプレミアム
○タワーオブロンドン
▲ダノンスマッシュ
△ステルヴィオ
△ケイアイノーテック
△ヒシコスマー

本命は、前走サウジアラビアRC(GIII)を2歳コースレコードで圧勝したダノンプレミアムとしました。無傷の3連勝でのGI制覇を期待します。相手筆頭は、前走京王杯2歳S(GII)圧勝のタワーオブロンドン。単穴に前走もみじS(OP)圧勝のダノンスマッシュ。以下、印の馬をおさえます。

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-12-16 22:18 | データ予想 | Trackback | Comments(0)
2017年 12月 15日

追悼、メラグラーナ(17’スプリンターズS7)

今日はスプリンターズS(GI)7着馬、先月の京阪杯(GIII)でレース中の故障のため残念ながらこの世を去ったメラグラーナちゃんをいつもより大きめのサイズで掲載します。

メラグラーナは、2015年3月のダート1200mの3歳未勝利戦をデビュー勝ち。初の芝のレースだった3戦目の500万下戦で2勝目を挙げると、以降は芝の短距離戦を中心にレースを重ね、2016年9月にオープン入り。今年のオーシャンS(GIII)で1番人気の期待に応え見事重賞初制覇を飾りました。その後も高松宮記念(GI)で3番人気(10着)、今年のスプリンターズS(GI)で2番人気(7着)に推されたように、GIの舞台でも上位人気になるほど期待されたのですが、京阪杯のレース中の故障のため、予後不良となってしまいました。

パドックは牝馬離れした雄大な好馬体が目につき、個人的にもオーシャンS(GIII)やスプリンターズS(GI)、最後のレースとなった京阪杯(GIII)も単複馬券を買って応援していたこともあり、本当に悲しいです。心からご冥福をお祈りします。どうか安らかに眠ってください。

メラグラーナ
父Fastnet Rock 母Ghaliah(母の父Secret Savings)
2012年8月21日生 牝5 鹿毛 オーストラリア・Emirates Park Pty Ltd生産 栗東・池添学厩舎
(通算成績)20戦7勝
(重賞勝利)2017年オーシャンS(GIII)
b0015386_21345147.jpg




[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-12-15 21:38 | 天国に旅立った名馬 | Trackback | Comments(0)
2017年 12月 14日

ビッグアーサー(17’スプリンターズS6)

今日は、スプリンターズS(GI)6着馬・ビッグアーサー君を掲載します。

ビッグアーサー
父サクラバクシンオー 母シヤボナ(母の父Kingmambo)
2011年3月18日生 牡5 栗東・藤岡健一厩舎
(通算成績)15戦8勝
b0015386_20114537.jpg
2016年暮れの香港スプリント以来、10ヶ月振りのレースということもあり、前年の1番人気から8番人気と評価を落としていましたが、レースは果敢に2・3番手を先行し、最後は伸びきれなかったものの、勝ち馬から0.2秒差に健闘しました。なお、この日が最後のレースとなり、種牡馬入りということで、良い子を出してほしいと思います。


[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-12-14 20:14 | パドック写真
2017年 12月 13日

ブリザード(17’スプリンターズS5)

今日は、スプリンターズS(GI)5着馬・香港のブリザード君を掲載します。

ブリザードBlizzard
父Starcraft 母Stormy Choice(母の父Redoute's Choice)
2011年11月2日生 騸6 香港・P.イウ厩舎
28戦8勝(2017年12月13日現在)
b0015386_20415649.jpg
パドックは2人引きでも普通に落ち着いて周回していました。レースは好位7番手追走からジリジリ伸びて人気(12番人気)より走りました。なお、先週の香港スプリント(香港G1)も8番人気で3着と健闘しました。
また、見慣れぬ血統ですが、父はNureyev系、母の父はDanzig系で共にノーザンダンサー系。Nureyev3×3、Northern Dancer4×5×4のクロスを持つ近親配合馬です。

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-12-13 20:43 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2017年 12月 12日

スノードラゴン(17’スプリンターズS4)

今日は、スプリンターズS(GI)4着馬・スノードラゴン君を掲載します。

スノードラゴン
父アドマイヤコジーン 母マイネカプリース(母の父タヤスツヨシ)
2008年4月6日生 牡9 美浦・高木登厩舎
53戦8勝(2017年12月12日現在)
b0015386_18381666.jpg
2014年スプリンターズS覇者も単勝103.3倍の16番人気とすっかり評価を落としていましたが、後方追走から勝ち馬レッドファルクスと同じ上がり33.0秒の脚を繰り出し4着に食い込んだのは正直驚きました。ダートに舞台を変えた先週のカペラS(GIII)も2着に健闘、9歳になっても芝・ダートを問わずスプリント戦で一線級の活躍、本当に見事です。



[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-12-12 18:39 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2017年 12月 11日

第69回阪神ジュベナイルフィリーズ予想結果分析

レース予想は12月9日、パドック評価は12月10日の記事をご覧下さい。

☆レース結果
1着◎ラッキーライラック
2着▲リリーノーブル
3着 マウレア
4着 トーセンブレス
5着 モルトアレグロ
6着△ラテュロス
7着 グリエルマ
8着 ソシアルクラブ
9着○ロックディスタウン
10着 マドモアゼル
11着 ノーブルアース
12着 トーセンアンバー
13着△コーディエライト
14着 サヤカチャン
15着 レグルドール
16着 ハイヒール
17着 ラスエモーショネス
18着 ナディア

馬券
ラッキーライラックの単勝(4.1倍的中)、複勝(1.4倍的中)。
馬単フォーメーション 1着付(ラッキーライラック、ロックディスタウン)、2着付(マドモアゼル、モルトアレグロ、ラッキーライラック、リリーノーブル、モルトアレグロ、ロックディスタウン)。(8点、18.2倍的中)

パドック評価
B+評価の4頭のうち、ラッキーライラック1着、リリーノーブル2着、モルトアレグロ(10番人気)5着と3頭が好走も、ロックディスタウンは9着に凡走。

好走データ
1~3着馬を推奨できた。

消しデータ
該当馬は全て4着以下、完全的中。

3位のラッキーライラックが1着も、2.3着馬は推奨できず。

感想
本命馬ラッキーライラックが期待どおりの走りを見せてくれて、単複、馬単的中。なによりオルフェーヴル産駒初GI制覇の単勝馬券を買えたことがとても嬉しかったです^^。なお、前走アルテミスS(GIII)連対馬は、これで4年連続で阪神JF連対となりました。今後も要注目です。

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-12-11 17:58 | データ予想結果分析 | Trackback | Comments(0)
2017年 12月 10日

阪神JFは、オルフェーヴル産駒ラッキーライラックが無傷の3連勝で2歳女王に輝く

今日、阪神競馬場で行われた2歳女王決定戦・阪神ジュベナイルフィリーズ(GI、芝1600m)は、石橋脩騎手騎乗の2番人気ラッキーライラックが、中団追走から直線外鋭く伸び、好位から直線内を突いて伸びた3番人気リリーノーブルに3/4馬身差をつけて優勝しました。

☆阪神ジュベナイルフィリーズ結果
1着◎ラッキーライラック(石 橋) 1'34'3(良)
2着▲リリーノーブル  (川 田) 3/4
3着 マウレア     (戸 崎) 1/2
4着 トーセンブレス  (柴田善) 2 1/2
5着 モルトアレグロ  (吉田隼) 3/4

パドックの個人的な評価は以下の通り(A良い B普通 C平凡)

1 サヤカチャン    B
  落ち着きないが前走と同じ
2 ラテュロス     B
  普通、時折小走り
3 グリエルマ     B
  普通
4 マウレア      B
  普通
5 ラスエモーショネス B
  普通
6 マドモアゼル    B+
  落ち着いて伸びやかな動き
7 リリーノーブル   B+
  落ち着いて力強い動き
8 トーセンブレス   B
  普通、2人引き
9 レグルドール    B
  普通
10 ハイヒール     B
  普通
11 ラッキーライラック B+
  落ち着いて力強い動き、前走アルテミスS優勝時と同じような雰囲気
12 ソシアルクラブ   B
  普通
13 トーセンアンバー  B
  普通
14 ノーブルアース   B
  普通
15 ナディア      B
  普通
16 モルトアレグロ   B+
  落ち着いて動き良し
17 コーディエライト  B
  2人引き、首高く落ち着きないが、前走と同じ
18 ロックディスタウン B+
  2人引き、好馬体目につく

今年の阪神ジュベナイルフィリーズは、今年初年度産駒がデビューした三冠馬オルフェーヴルの仔の2頭、札幌2歳S(GIII)の覇者ロックディスタウンと、アルテミスS(GIII)の覇者ラッキーライラックが人気を集めましたが、両馬の明暗は分かれる結果となり、勝ったのは2番人気のラッキーライラックでした。

ラッキーライラックのパドックは、前走同様、落ち着いて力強い動きを見せ、なかなか良く見えました。レースは、レースはラスエモーショネスが1000m通過59.9秒で逃げ、スローペースとなりましたが、中団追走から直線外に持ち出すと、メンバー中最速の上がり33.7秒の末脚を繰り出して、内から伸びたリリーノーブルを外からきっちり捕らえての快勝となりました。なお、鞍上の石橋脩騎手は2012年天皇賞・春(GI)以来、久しぶりのGI制覇。この時はビートブラックで圧倒的人気のオルフェーヴルを破ったのですが、今度は5年後にオルフェーヴル産駒を初のGI制覇に導くことになるとは、ちょっと不思議な縁を感じました。願わくば来年のクラシックも外国人騎手に乗り変わることなくコンビ継続を強く希望したいです。今日は無傷の3連勝でGI初制覇、本当におめでとうございました!

2着は3番人気のリリーノーブルが好走。パドックは中1週でも疲れを感じさせず、力強い動きを見せていて、好気配でした。中1週の馬は勝てないジンクスこそ覆すことはできませんでしたが、堂々の2着でした。3着は4番人気のマウレア。こちらは2013年桜花賞馬アユサンの全妹という良血馬だけあって、姉が活躍した同じ舞台でこれまでの持ち時計を一気に2.6秒も縮めてみせたのはお見事でした。

なお、1番人気のロックディスタウンは好位追走も直線伸びを欠き9着。パドックは好馬体が目につき雰囲気は良かったと思ったのですが、本馬場に入ってからひどくテンションが高くなってしまい、レースでも引っかかってスムースな走りができませんでした。人気に応えられなかったのは残念でした。

ラッキーライラック(撮影日2017年10月28日・アルテミスS)
父オルフェーヴル 母ライラックスアンドレース(母の父Flower Alley)
2015年4月3日生 牝2 栗毛 安平・ノーザンファーム生産 栗東・松永幹夫厩舎
3戦3勝(2017年12月10日現在)
(重賞勝利)2017年阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)、アルテミスS(GIII)
b0015386_22094390.jpg




[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-12-10 22:20 | レース回顧 | Trackback | Comments(0)
2017年 12月 09日

第69回阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)予想

明日は、阪神競馬場で2歳牝馬女王決定戦・阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)が行われます。今週も各種データで予想します。

1 好走データ
(1)同年に牡馬混合オープンクラスの芝1600m以上で3着以内
   コーディエライト、ロックディスタウン
(2)過去にオープンクラスの芝1200m以上で連対
   コーディエライト、サヤカチャン、モルトアレグロ、ラッキーライラック、レグルドール、ロックディスタウン
(3)過去に500万クラスの芝1600mで連対
   マウレア、リリーノーブル
(4)過去に牡馬混合の500万クラスの芝1000m以上で3着以内
   ナディア、ラスエモーショネス
(5)過去に500万クラスの芝1400m以上で連対
   ナディア、マウレア、マドモアゼル、モルトアレグロ、ラスエモーショネス、リリーノーブル
(6)前走芝1200m以上の新馬で1着(キャリア1戦)
   ソシアルクラブ

2 消しデータ
(1)前2走内に芝で6着以下かつ0.8秒以上敗退歴がある芝1勝以下(ただし、前走重賞勝ち馬除く)
   ラスエモーショネス
(2)キャリア3戦以下で前走4着以下(ただし、2走前に芝(良・稍重)の1400m以上の重賞連対歴ある馬除く)
   トーセンブレス、ノーブルアース、ハイヒール
(3)前走、オープン・重賞戦で6番人気以下かつ6着以下(ただし、JRA重賞1着歴ある馬除く)
   トーセンアンバー、ハイヒール、レグルドール
(4)前2走内に1600m未満の未勝利戦使用歴がある馬
   マドモアゼル
(5)キャリア5戦以上で、前3走内に未勝利戦使用歴がある馬(ただし、前走重賞戦連対馬除く)
   トーセンアンバー、ラスエモーショネス
(6)芝1200m以上のデビュー戦で4着以下かつ0.4秒以上敗退馬
   トーセンアンバー
(7)前2走内に牝馬限定の未勝利戦又は条件戦敗退歴がある馬
   サヤカチャン、トーセンアンバー、ノーブルアース、ハイヒール、ラスエモーショネス
(8)4戦以上消化の馬のうち、前2走内に2馬身以上1着快勝歴がなく、前走10月以降のレースで8キロ以上減の馬
   トーセンアンバー、ラスエモーショネス

3 スピード指数上位馬
(1)ラテュロス
(2)マドモアゼル
(3)ラッキーライラック
(4)サヤカチャン
(5)トーセンブレス
(6)ハイヒール
(7)コーディエライト

☆阪神ジュベナイルフィリーズ予想
◎ラッキーライラック
○ロックディスタウン
▲リリーノーブル
△コーディエライト
△ラテュロス

本命は、アルテミスS(GIII)優勝馬ラッキーライラックとしました。無傷の3連勝の2歳女王誕生を期待します。相手筆頭は本命馬と同じ父オルフェーヴル産駒、新馬、札幌2歳S(GIII)と2連勝中のロックディスタウン。単穴に中1週は不安も2戦2勝で底を見せていないリリーノーブル。以下、印の馬をおさえます。

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-12-09 21:43 | データ予想 | Trackback | Comments(0)
2017年 12月 08日

ワンスインナムーン(17’スプリンターズS3)

今日は、スプリンターズS(GI)3着馬・ワンスインナムーンちゃんを掲載します。

ワンスインナムーン
父アドマイヤムーン 母ツーデイズノーチス(母の父ヘクタープロテクター)
2013年2月1日生 牝4 美浦・斎藤誠厩舎
16戦6勝(2017年12月8日現在)
b0015386_20524578.jpg
この日のパドックは落ち着いて周回していました。レースは積極的にハナを切って逃げると、前半600m33.9秒-後半600m33.7秒とほぼイーブンペースでまとめ、勝ち馬から0.1秒差の3着に粘りました。今週は、スプリンターズS2着馬レッツゴードンキと一緒に香港スプリント(香港G1)に出走予定、共に頑張ってほしいですね。


[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-12-08 20:55 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2017年 12月 07日

レッツゴードンキ(17’スプリンターズS2)

今日から2017年スプリンターズS(GI)のパドック写真を掲載していきます。
本日登場は、2着に好走したレッツゴードンキちゃんです。
なお、優勝したレッドファルクス君の勇姿は、2017年10月1日の記事をご覧ください。

レッツゴードンキ
父キングカメハメハ 母マルトク(母の父マーベラスサンデー)
2012年4月6日生 牝5 栗東・梅田智之厩舎
23戦3勝(2017年12月7日現在)
b0015386_22212122.jpg
この日のパドックはいつになく落ち着き十分。歩様も力強く、気配は素晴らしかったです。レースは中団追走から岩田康誠騎手得意のイン強襲が決まり、高松宮記念(GI)に続く春秋スプリントGI連続2着好走はお見事でした。


[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-12-07 22:22 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)